教室紹介|日本舞踊の華蝶会

神奈川県横浜市踊り日本舞踊/新舞踊)の教室

トップトップ |お問合せお問合せ |サイトマップサイトマップ|リンクリンク

titole.png

神奈川横浜市で日本古来から伝わる“日本舞踊”から歌謡曲に合わせ、踊る“新舞踊”まで指導しております。ほとんどの方が未経験者の方ばかりです。作法を知らない、初めて習い事始める、問題ありません。皆さんと一緒に、楽しく、可憐に、元気良く踊りましょう。

教室紹介

トップトップ教室紹介教室紹介先生紹介先生紹介稽古/舞台稽古/舞台年間行事年間行事お問合せお問合せ

お教室について

正派一條流神奈川県横浜市を中心に日本舞踊新舞踊の教室を開いております。
お教室は、正派一條流本部にて行っています。団体で稽古をお申し込みの場合、4名以上であれば応相談でお引き受けします。

お教室では、着物着付けを無料で指導(生徒に限る)ご見学や体験レッスン(無料:個人15分程度)もお受けしております。
お気軽にご連絡下さい。


正派一條流 稽古所本部
横浜市営地下鉄ブルーライン 阪東橋駅より徒歩4分程
京急線
黄金町駅より徒歩12分程
バスも沢山の路線が通っていますので交通はとても便利です。

南区総合庁舎目の前のラーメン屋2F

入会金・月謝について


【入会金】 10,000円
只今キャンペーン中に付き 入会金 0円

【月謝】
学生  8800円
大人 10800円(名取からは別料金があります)
※個人稽古、団体稽古のレッスン料は変わりません。
月謝には施設使用料が含まれております。

【稽古】 月4回 30分個人稽古

仕事が忙しいが稽古したくて月2回のみ希望の方もいらっしゃいます。
月2回稽古 1回1時間の集中コース 
その場合月謝は4回コースと変わりません。

★30分の稽古では物足りない方
延長料金を払うことによって稽古時間を伸ばすことが可能です。
希望者のみ強制などはありません

稽古日について

(日) 12時~18時 その他の時間も応相談
(月) 12時~20時 その他の時間も応相談
第5(日)、第5(月)はお休みとなっております。
稽古日は毎週、1週間前に次の稽古日を(日)(月)どちらにするのか希望受付してます。

1日の稽古の流れについて

集中力を保つために15分稽古し、他の方の稽古を見学し休んでからまた15分稽古をいたします。
(他の方の稽古を見学するのも勉強になります)

※稽古時間または稽古日数をもっと増やしたい方も対応していますのでお申し出ください。その場合、別料金がかかりますが強制など一切致しません。
※稽古時間の予約などは、しておりません。

~~お子様の稽古について~~
稽古日に保護者が来なくてはならない!や保護者の当番などは一切ありません。

※稽古場は遊び場では、ありません。遊ぶ行為、ゲーム、携帯等は一切禁止です。


学校帰り!仕事帰りの方も是非お待ちしております。
仕事が18時までなので19時以降稽古をして欲しい!などご希望があればご連絡ください☆彡



一條稽古場.jpgIMG_20180617_114138.jpg家元.jpg

所作舞台を敷き新しい稽古場に生まれ変わりました★

指導内容
日本舞踊新舞踊
開講日時
日曜・月曜(時間は応相談)来た順で稽古は進めていきます。(予約なし)
場所 | 住所
【正派一條流本部】
横浜南区浦舟町2-22角田ビル2F
生徒さんの声
迷られた際は
090-7736-0356(受付時間9:00 ~ 21:00)
※営業等のお電話は固くお断り致します。

稽古を始めるのに必要なもの
①着物(洗える着物)夏は浴衣 稽古で汗をびっしょりかきますので浴衣で充分です。
②肌襦袢(はだじゅばん)
③腰紐2本
④帯 
⑤白足袋(ストレッチ素材はNG)コハゼがついた物(小さな金具)
男女共通です

【男性】   【女性】
⑥ステテコ      ⑥裾除け(すそよけ)腰から下に履くもの又はステテコ
            ⑦伊達締め
            ⑧帯板

着物に必要なもの(浴衣には必要なし)
            ⑨衿芯(えりしん)
            ⑩半襦袢(はんじゅばん)衿芯を入れて着用します。

浴衣稽古希望の方は夏祭りなどで使用した浴衣などで充分です(^v^)
ただし帯は作り帯はNG(自分で結ばなくていい品はNG)
白足袋は必ず必要になりますのでご用意ください。(ストレッチ素材はNG)